プロだけが知っている秘密の技伝授します。

 

 

 

 

 

画像をクリックすると短編動画レッスンが始まります

 

       レッスン動画                                  池越えレッスン           バンカーレッスン

       

           

 

     バンカー越えレッスン        ラフレッスン             ドライバーレッスン

 

      

 

 

 

 

 

 

こんな事を考えたことはありませんか??

 

「練習場でいくら上手く打てても、コースでは上手く打てない・・」

 

これはなぜなのでしょうか・・・

 

練習場のフラットライや、直線打ちやすいマットの罠、、

 

いつもいつも、何度でも同じ状態で打てる練習場の簡単さに他なりません。

 

 

スコアに繋がらない最大の、本当の原因は、、

 

 

 

現場(コース)での打ち方を知らないからです!

 練習場は平らでフラットしかもマットの上でライもいい。

 

 

 

しかしコースに出るとそんな状況はまずありません!!

 

つま先上がりや左傾斜、打ちおろしのホールや目玉のバンカー、

深いラフ池越えのショット、ディボットや、ティフトンなど、

練習場では、全く打ち方や考え方が解からないことばかりです。

 

だから上手く打つことが出来ないのです

 

ではどうすればいいのか

 

それは、、 

 

コースでの打ち方、考え方を研究しかありません。

 

つまり、コースでの傾斜や、ボールのライ、難しいホールなど、

その状況に合った攻め方や対処の仕方を考える必要があります。

 

「ゴルフそこが知りたい!」DVDではそんなコースでの戦法について

詳しく説明をしています。

 

― あなたは打ち方を知らないだけ ―  なのです。 

 

つま先上がりってどうやって打つのですか・・

全てはそこから始まったのです、、。

 

こんにちは、スギプロです!みなさんゴルフの調子はいかがでしょうか?

 

 

 

                         公益社団法人日本プロゴルフ協会 PGA会員 No 07729

 

Act 1.

 

それはいつものように、コースでフリーレッスン(コースで自由に打つ事)を

数人で行っているときの事でした。

 

ある女性の生徒さんが駆け寄ってきて私にこう尋ねました。

「スギプロ先生!つま先上がりってどうやって打つのですか?」

 

私はいささか驚きました。なぜかというとこの女性の生徒さんは、

20年以上のキャリアを持つベテランゴルファーだったからです。

 

そこで私はその生徒さんを連れて実際につま先が上がったライで

打ち方の説明を行ったのです。

 

たとえば、ボールが左に飛びやすいとか、

あるいは体がとまりやすくてフックしやすいので、

あらかじめ右を狙って打つとか、私からすれば極々当たり前の事を解かりやすく

原因と理由について一生懸命説明をしていました。

 

すると、気がつかないうちに不思議な光景が私の目に飛び込んできたのです!

 

       ― それは・・・

 

他の練習をしていた生徒さん全員(7〜8人)が、なんと私達二人の周りを

取り囲んで、つま先上がりについて熱心に聞いているのです。

 

私は二度驚きました。このスクールの中にはシングルさんが数人いたのですが、

食い入る様にに聞いているので、

「すみません、当たり前のことを言って、、。」

というと、何とそのシングルさんも良く解かっていなかった様子で、

逆に、プロ詳しい説明をありがとう!とまで言われたのです。

 

 

Act 2.

 

コースレッスンのあとのミーティングで私は生徒さん全員こう尋ねてみました。

 

「前が上がっていたり下がっていたり、あるいは左足が上がっていたりしたとき、

正確で明確な対処法を知っていますか?」

 

「バンカーでの難しいライとか、あるいは逆目や深いラフとかはどうですか?」

 

答えは、ほとんどの方が、NO!だったのです。

 

数人の方は断片的に正しい答えをおっしゃっていましたが、

難しいときの状況での打ち方を言える人は誰もいませんでした。

 

私は大きく勘違いをしていた事に気がついたのです。

 

 

―プロや極少数の上級者以外は、コースでの難しい状況での対処法を知らない   

 

つまり、打てないのではなくて、

 

打ち方を知らないから上手く打てない、、という訳です。

 

アマチュアの方は練習場では上手く打てるけど、コースに出たら

構え方やスイングが変わってしまうのはそのためか・・。

 

私はこの日を境に、とても悩みました。

 

多くのゴルファーのみなさんに、どうにかして

コースでの状況に応じた打ち方を伝える事が出来ないだろうか??と。

 

かといって、全ての人に教えて廻るわけにもいかないし、、

 

そこで考えたのが動画や、映像で、

 

実際に難しい状況でボールを打ってみせてレッスンする。

 

ということだったのです。

 

ここで実際に生徒さんから聞いたコースでの疑問や悩みを掲載してみます。

 

やはりコースでの悩みは深いですね。